レスポンシブウェブデザイン対応のウェブサイトをよりモバイルフレンドリー仕様に手動で設定しました

DSC_0002.jpg

jimdoで作ったウェブサイトではモバイルフレンドリーに対応していてレスポンシブウェブデザインにするかどうか選択できるのですが、とりあえずONにはしていたものの気に入ってはいませんでした。

ウェブサイトを作ってそろそろ半年、初期の頃とテンプレートも変わってきていましたし、重い腰を上げて全体に手を入れる事に。

SponsoredLink


jimdoのレスポンシブウェブデザイン

jimdoのレスポンシブウェブデザインではFC2のようにはカスタマイズ出来ず、各PC用テンプレートに対応したスマホ用の表示が使われます。

キッチリスマホに対応させようとするとPC表示の時点でモバイルフレンドリーを意識した編集をしないといけません。


TOPページの大改修

特に整理したかったのはTOPページでPC表示すら気に入っていなかったので今回力を入れました。

具体的にはメニューを見つけやすくして更新情報が上に来るようにし、カラムを意識した配置に。


各ページへの対応

まず主が他のサイトやブログを見ていて気になる所、次に見たいページや記事が見つからない問題がうちのサイトでも結構あったのでそれはサイトマップのボタンを最下層に配置することで対応。

開設当初に多用した文章内に画像を入れる配置はスマホ表示ではいびつになるので撤去し、画像と文章を分けました。

文章内の各リンクで別ウィンドウで開きたい箇所が同じウィンドウで開いていたのを別ウィンドウで開くように修正。


まとめ

閲覧者の不便さは軽減されたと思います。

迷子を減らせられれば離脱率を低く抑えられるはずなのでPV数の伸びにも期待。

結局朝から夕方までかかりましたが一応満足(笑)

これらの情報はまとめて別サイトにまとめたいんですが、執筆がネタの増殖に追い付かずいつになるんだかという感じです( ゚Д゚)
 
関連記事
30歳で沖縄移住した話し
ウェブサイトTwitterFacebookページ←各クリックで飛びます
シェア、いいね!フォローして頂けると励みになります(´艸`*)
↓この記事をシェアする↓




Sponsored Link

コメント


管理者のみに表示

トラックバック