広い前室付きワンタッチテントの決定版!~理想のツーリングテント@ドッペルギャンガー~

20160920 (3)

とんでもないワンタッチテントがきた!!!

ドッペルギャンガーのテントは化け物か!みたいな。

ツーリングキャンプでのテントに求める条件として、「突然の雨に対して素早く設営出来る事。」があるので主としてはワンタッチは外せない条件。

もちろんフライシートの設置も含めてのワンタッチ。それなら風が無ければストームロープもいらないしね。

それに加えてあまりに雨が強いならしばらく滞在が必要な事も想定するわけで、そうなると前室が必要なわけですよ。

SponsoredLink




工夫次第で上のテント3種でも、ある程度の前室はキープできます。
雨のキャンプ&ソロテント設営・前室を作る←解説ページ



このテントに関しては収納サイズが1000mmと大きすぎて、そもツーリングキャンプに合わない。積めれば良いテントだとは思うけど。



で、問題のこいつ。

20160920 (2)

むちゃくちゃ広い前室がついてる上に収納サイズが580mmと破格の性能です。鼻血吹くレベル。



このバッグに入れるなり外に付けるなりするなら、このバッグだけでツーキャン出来ちゃう。どんなバイクでもいけるでこれ。

今まではパッキングや積載性能から、ツーリングキャンプで前室を諦めていた人って多いと思うんです。

このテントはそんな人達に光をもたらした。

長期滞在での雨への不安が大きく減ることでしょう。

ドッペルギャンガーありがとう!あんたすごいよ!マジ感謝!



※百均でもいいので防水スプレーは忘れずに。縫い目に重点的に使えば防水性能も完璧になりますぜ!特にポールとフライシートを繋ぐところは中にも吹き付けましょう。





雨のキャンプ&ソロテント設営・前室を作る←解説ページ
 
関連記事
30歳で沖縄移住した話し
ウェブサイトTwitterFacebookページ←各クリックで飛びます
シェア、いいね!フォローして頂けると励みになります(´艸`*)
↓この記事をシェアする↓




Sponsored Link

コメント


管理者のみに表示

トラックバック