お家で美味しい沖縄そばを作るレシピとコツ~改訂版~

IMG_8786.jpg

まず前提として、自分で出汁を取ったり麺を打ったりという類のレシピではありません。

スーパーで売っている市販品を使って、安いのにお店並に美味しい沖縄そばをお家で食べてやろうという趣旨のものです。

沖縄そばは仕込み以外に調理の工程があるわけですが、仕込みだけでなく調理にも当然コツが存在します。

それを知っているか知らないかで味がかなり変わるのです。

SponsoredLink


材料

20160117 (17)

主はサン食品製品で揃えていますが、麺も出汁もトッピングもそれぞれお好みで。


ベース

沖縄そば麺

とんこつ味のそば出汁

かつお味のそば出汁

ショウガ薄い輪切り三枚※1人前にチューブショウガ2cm程でも可


トッピング

味付き三枚肉

味付き軟骨ソーキ

ネギ

沖縄かまぼこ

ゆし豆腐

フーチバー(ヨモギ)

紅ショウガ

コーレーグース(島唐辛子の泡盛漬け)

等々


作り方

1.まず1リットル程の熱湯を用意しておきます。

そしてそれとは別に2リットル程のお湯で麺を湯がける程度の鍋に沸騰したお湯を用意します。


2.そば出汁をとんこつ1~2、かつお1~2の割合で合わせ、ショウガを投入し温めていきます。

このショウガがひとつめのコツ。

とんこつ出汁とかつお出汁の繋がりが良くなり味が澄み、全体がまとまります。

これがあるのと無いのとでは雲泥の差が出ます。


3.出汁を温めるのと同時にレトルトものを温めておきます。

主は先の1リットルの熱湯に沈めておきますが、衛生面で気になる方は別で温めて下さい。


4.沸騰した2リットルのお湯に麺を投入し、全体をほぐし10秒程でザルにあげます。

ゆがく時間はお好みですが、基本的に沖縄そばはゆがくのではなく、麺にまぶしてある油を洗うのと麺を温める為に湯通しするので、10秒程で充分です。

ここでふたつめのコツ。ザルに上げた後、1リットルの高温のお湯をもう一度麺の上からかけて油をよく落とします。

これをしないと油を洗いきれず、麺が臭くなります。


5.麺を器に移し、出汁をかけてトッピングを盛り付け。

20160117 (21)
※カツオ1:豚2 豚骨出汁寄り。ショウガ多めで臭みを取りましょう。

20160918.jpg
※カツオ2:豚1 カツオ出汁寄り。スッキリした仕上がりになります。

完成。どちらもうまい。

お店で食べるより美味しいとまでは言いませんが、お店の味にかなり近づけると思います。


後書き

麺にも出汁にも好みがあると思いますが、基本的にはどんな麺や出汁を使っても同じように作っていいと思います。

出汁は既製品もいいですが、麺との相性もありますし、我が家の味が作りたい人はサン食品の出汁を使い、とんこつ1かつお1ベースにお好みで割合を変えていくと良いでしょう。

沖縄のおばぁは顆粒のホンダシをわんさか使うので、沖縄で食べる沖縄そばを再現したいならホンダシの追加もありです。

沖縄そば好きだからこそ、おうちで自分好みの沖縄そばが安く食べれたら最高なんじゃないでしょうか^^

ちなみに今回の予算は1人前250円程でした。

トッピングの肉の量で大幅に変わりますが(笑)


おまけ:主の好物、変わり種沖縄そば

20131017.jpg

フーチバーとピザ用チーズ、あれば沖縄かまぼこをのせて出汁をチーズの上からかけて程よく溶かします。※バーナーがあればちょっと焦げ目付けると美味しい。

フーチバーとチーズととんこつメインの出汁がむちゃくちゃ合います。
 
チーズ好きなら食べて後悔はしないはず!
 
こんなの書いてたら食べたくなってきた。帰ったら作ろ。
 
関連記事
30歳で沖縄移住した話し
ウェブサイトTwitterFacebookページ←各クリックで飛びます
シェア、いいね!フォローして頂けると励みになります(´艸`*)
↓この記事をシェアする↓




Sponsored Link

コメント


管理者のみに表示

トラックバック