2019年02月の記事 (1/3)

明るい無職さんの「ブログをやってみて良かったことを考える無職」を読んで

2035885745.jpg

Twitterで仲良しの「明るい無職さん」が今年に入ってブログを書き始められました。(2回目)

以前もこの書き出しで返答記事を書いたのですが、無職さんに喜んでもらえたようなので2回目です。


以前書いた返答記事はこれ「明るい無職さんの「明るい無職の天上天下唯我独尊自分大好き塾」を読んで」

なんだかLoveグラスも一部の人にはウケたようで良かったです。


例のごとく、この記事は無職さんの「ブログをやってみて良かったことを考える無職」という記事への返答なので、読んでいない方は是非。



無職の思考を読み解く鍵は3つ…ッ! ドン!

1つめは脳内ジャングルの村…ッ! ドドン!!

2つめはハムスター探検隊の相次ぐ行方不明や後日見つかる干からびた死体…ッ! ドドドン!!!

3つめはそう!超希少種!脳内チンパンジーである聖者チンパンジーッッッ!!!! バアーーーーン!!!!


SponsoredLink


何を言っているのか分かりませんか?


ふふ…。


私にも分かりません。

ただ、読んでみればなぜか言っていることはよく分かります。



分かっていいのでしょうkイイんです!!!



返答と言うより、無職さんの書いた話を私なりに思ったように書いてみたいなと思いこの記事を取り上げました。

結局全然返信になっておらず、自分語りのような記事になったので、苦手な方はブラウザバックどうぞ。

無職さんの記事に反応した。って感じでしょうか。



──────



私は鬱をしてから非常に記憶力が落ちたと感じています。

※原因は違うものかも知れませんが、それ以降特にそう感じているということです。

めちゃくちゃに折れた腕を放置して治ったとしても元の機能が戻らないことと同じなのか、考えること自体に拒否反応が出たのか、回復する為に必要だったのか、その他の理由でなのかは知りませんし、今の所不自由はしていないので特に興味もありません。

何事も忘れてはいけないことはメモを取ることと、メモを見る習慣を得たことで解決しています。



──────



そんな状態で、現在は勤めもせず気楽な自営をしており、職場は那覇(沖縄の都会)で月3日~多くて10日程度、住まいは名護(沖縄の田舎)でまったりと、少し極端な生活をしています。

用事は那覇にいる時に済ませる為、名護でしなければならないことはほぼありません。

名護は古民家で3ヶ月くらい前までは改装をしていましたがそれも終わり、現在は働く彼女と暮らしています。



──────



そんな生活の日々、「私は何も掴んでいないな。」という考えが浮かぶようになりました。

手は力を抜くと半開きのような状態になります。

私は常にその状態でいるのだ。と感じています。

何も掴まない。海の中にいる自分を想像すると、何も掴んでいないのに何かがそこにはあります。

「私はただあるだけであっても、私の手の中にはいつも何かがあり、それで足るなら掴む必要はないのだ。」



──────



思考についてもそのように感じます。

まぁ、記憶力が悪いだけなのですが。

ある人に、「内容を覚えていないなら話す必要も無いのではないか。この会話も無駄ではないか。」と聞かれたことがありますが、その話しをした私と、しなかった私では、その後の私が違います。

話の内容を覚えていなくても、私に影響があったのが間違いないのであれば、私にとっては目的を達成できています。

2356594.jpg

例えばこの掌に乗る小さなサイズのブロックで作った物たち。

これを一度分解してしまうと、説明書が無ければ私では同じ物は二度と作れません。

しかし、作り方を知らなくても出来上がった物がすでにあるので説明書はもう必要ないのです。

「会話後の私」を作る為に必要だった説明書(会話の内容)は会話の後には必要ないのです。

この説明書を掴み続ける行為が私には負担になりますから、今では全て手放してしまいます。

※相手の立場に立って考えれば、覚えていない相手と話す必要があるかは分かりません。人によるでしょう。



──────



そんな感覚なのはきっと、その瞬間の自分のありようを大切にしているのだろうと思います。

過去の私が今の私をどう考えたか。未来に何を持ち越すか。どちらも私には必要ありません。

※過去のことを思い出したり未来のことを考えたりもしはします。ただ、その時そうしたいからそうしているということです。現在の自分以外の存在の事情は汲みたくないので極力そうしているということです。



──────



さて、そのように生きていると、刹那を生きるようになりました。

刹那に生きる楽さ。

過去も未来もいらない。今、その時その瞬間にどうしたいのかが最優先される生き方。

過去の自分の計画にも縛られない。

思考にも縛られない。

思考がストレスにならない。

何も考えたくないはずだったのに、掴むことをやめた今は思考を垂れ流しまくっています。



──────



Twitterでも無職さんと訳の分からないやり取りを沢山しています。

TL以上にDMの方がワケワカメです。自身が言うのだから間違いない。

何を話したかなんて細かい話しはほぼ思い出せません。

でも、私は話す前より確実に無職さんを好きで、大枠でどのような考えを持っていたり、考えの傾向やどんな話しに嫌悪感を抱くのかを知っています。

二人に使用済みの説明書は必要ないのです。


知らんけど。


ただきっとこれからもっと深く知り合っていくのでしょう。

自分のことですが、二人がどうなるのか楽しみでいる不思議な感覚です。



──────



さて、要約すると「私は今を生きて何も掴まないのが楽だからこれからもそうしていくだろう。」と34文字で説明できることを長文でわざわざ掘り下げて書いてみた。という感じですかね。

きっとこの記事にまとめとかオチは必要無いだろうと思うので、このまま幕引きとさせて頂きます。



では無職さん、またTwitterで。



END


もし読んでいない方は無職さんの記事もどうぞ。

「ブログをやってみて良かったことを考える無職」
 
30歳で沖縄移住した話し

ウェブサイトTwitterFacebookページ

シェア、いいね!フォローして頂けると励みになります(´艸`*)

関連記事


Sponsored Link