2018年08月の記事 (1/2)

名護市源河、たまごの自動販売機で「くだかのたまご」を買ってきた~「沖縄の安いたまごが臭い問題」に終止符を打つ~

KIMG0022.jpg

沖縄で初めてたまごかけご飯を食べたのは6年以上前のこと。

その時の感想は「あ( •́ฅ•̀ )クッサ」でした。

とりあえず口に入れたものを戻し、賞味期限と冷蔵庫の冷えを確認しましたが異常はありません。醤油を沢山かけて食べました。

食べ慣れはしましたが、今でも「たまごかけご飯は臭いな…。」と思ってしまいます。

これの解決策は、「安いたまごは火を通して食べる。」ことと、「たまごかけご飯に使うたまごは高いものを買ってくる。」です。

しかし、「そういう話しじゃなくない?」という気持ちもどこかに持っておりました。

「6年以上いて今まで何してたんだ馬鹿野郎が!!!!!」て感じではありますが、最近名護に越した私、Twitterでのやり取りにより、、、

KIMG0029.jpg

名護にうまいたまごがあることを発見致しました!!!!

SponsoredLink


それは名護市源河、源河川の下流に位置する交差点の一角にある、たまごの自動販売機で売られています。
※場所等は後述

KIMG0025.jpg

その名も「くだかのたまご!!!」 バーン!

素敵抱いて。

KIMG0016.jpg

販売機から見える目の前のくだか養鶏場で採卵されていて、前日か当日にとれたたまごが買えます。

KIMG9997.jpg

まさにとれたて。超絶新鮮です。

新鮮さゆえに生食の賞味期限が半月以上あります。

KIMG0032.jpg

箸でつまめるはずだと思いつまんでみましたが、私の箸スキルでは持ち上げきれず、これが限界でした。

しかし割り箸ならきっと持てると思える弾力!結構こねくりまわしましたが最後まで潰れませんでした。

KIMG0044_201808241826412ff.jpg

さぁ、写真なんぞどうでもいいのですよ、そんなもんはそこそこに早速食べましょう。

まずは炊きたてを一吹きしてちょうどいい温度になった白飯の上にたまごだけ。

く……く、臭くな━━━━(゚∀゚)━━━━いッッッ!!!

テンション爆上げです。

臭くないって幸せだな…。

では、次は醤油をトトトっと。

う……う、うま━━━━(゚∀゚)━━━━いッッッ!!!

ここで一杯目終了しまして、こんなんじゃ終われねぇってことでおかわり。

KIMG0053.jpg

今度は花カツオと刻み海苔をトッピング。

う……う、うま━━━━(゚∀゚)━━━━いッッッ!!!

866c81f0257685756add7e4d15960a7f_600.jpg

いや、なんというか今までは無意識にたまごの臭さを消せるような調整をしていたのだと実感しました。

醤油もカツオも海苔も、全部たまごとのコラボの為にあったんや。

ということで1日でくだかのたまごを5個も食ってしまいました。

オレ タマゴ クウ アタマ ヨクナル  オレ タマゴ マルカジリ

KIMG0064.jpg

目玉焼きも黄身を固めずに焼いても美味しい。。。

ホントこれ幸せです。

名護のうちげから片道10分かからない場所ですが、買いに行くのになんの苦もありません。

一個が大きいとの噂も聞きましたが私が買ったものは混玉でだいたい小さめでした。

品数が多い時間(後述)に行くとサイズも選びやすいと思います(๑•̀ㅂ•́)و✧

KIMG9998.jpg

赤玉10個200円。

KIMG9995.jpg

15個300円とか、サイズが大きくて18個400円なんてのもありました。

白玉は品切れだったので次は白玉を買おうと思います!

賞味期限は長いですが、やっぱり新鮮なのがいいな~と思うので私は地の利を生かして頻繁に買い行きます!



場所はここ



名護市内から古宇利島に向かって、古宇利島に渡らず過ぎて2、3分位走ったら右に入ります。

看板では右方向に「東」、14号線と書いてあるのを目印にすると分かりやすいです。

ここから集落内の為、スピードは激減でお願いします。

KIMG0017.jpg

見た目はほったて小屋。

あとは細かいのでナビでどうぞ。

※他に2ヶ所名護市内にあるそうですが、情報も古く現状は分かりません。後日たまごを入れに来た人に会えれば聞いてみて、分かれば追記します。どなたか新しい情報あれば頂ければ助かりますm(_ _)m



たまごを買いに行く時間帯

オススメは夕方ですっ

昼に行った時には補充されていたので、その日の夕食に使えばその日にとれたたまごが食べられちゃう!すごい!

逆に追加前の昼前はそもそもたまごのストックが少なく、品切れも有り得ると思います。

夕方行けないなら朝で決まりです(๑•̀ㅂ•́)و✧



くだかのたまごを買いに行くなら一緒に楽しめる源河川もオススメ



くだかのたまごの自動販売機がある場所は源河川の下流で、自動販売機から川沿いに少し入るとたどり着きます。

KIMG0011.jpg

車を停めてすぐ川で遊べます。

子供にライフジャケットは必要かな。

KIMG0010_20180824182645353.jpg

鉄砲水が起こりやすいらしいので、そこだけではなく周囲の天候にも注意です。

「源河川でチャプチャプしてくだかのたまごを買って帰る。」そんな日課も生まれそう。



「沖縄の安いたまごは臭い」について補足

長くなるので最後にさせてもらいました。

このあるある自体「沖縄移住者あるある」だと思っているのですが、「少し悪い方面の話しで沖縄をディスりたい訳じゃないしあまり口にしない系のあるある」なんてのがありまして。

そのひとつで「沖縄の安いたまごは臭い」というのがあるのです。

あまり表立った場所で言わなければ「そう!そうだよね!なんか臭いなって思ってた。あと殻がめっちゃ柔らかい。」と結構返ってきます。

人の舌ですし、水も違いますし、本当にたまごが原因で臭いのか、時期によるかもしれないし、その買ったたまごだけかもだし…絶対とは言えないけど、多分そうだと思う。でも相手の気分を害する可能性があるなら言わないでおこう。って感じで誰も口にしないんだと思います。

一応、沖縄に6年いて、地元とも何度も行き来して、沖縄の中でも色んなスーパーでたまごを買ってきた私としては、現状、「沖縄の安いたまごは全部臭い。」と思っています。

恐らく餌の違いなので、大きな養鶏場が出荷している分がそうなのでしょう。どこも同じような配合なんてこともあるでしょう。

もちろん沖縄だけがそうなのではないと思います。

他にどこの土地がそうかは知らないけど、少なくとも沖縄はそうだと思っている。ということです。

正直、たまごについては諦めていたのですよね。

沖縄県産じゃない臭くないたまごをたまに買うことで満足していましたから。

ただ常々、「どこかで沖縄県産の弾力も濃厚さも他の地域のうまいたまごに負けないたまごがないもんかな。」と思っており、紹介したくなるほどうまい沖縄県産のたまごに出会えた為、今回記事にしようと思いました。

そして沖縄のたまごのことを書く時に、この臭さを書かずには成り立たないとも思っていたので、記事内で取り入れました。

あくまでも悪口ではないと理解して頂けるとありがたいですm(_ _)m

ついでに、「たまごの殻が柔らかい。」というあるあるもセットでありますが、味に影響が無いのでこれについてはそこまで気にしていません。

慣れないうちはたまごを割ろうとして一発で殻から黄身まで粉砕して排水口に流れていくのを真顔で眺めたりはしましたが。



それではこの記事はこの辺で。

たまごかけご飯を食べましょう。

END
 
30歳で沖縄移住した話し

ウェブサイトTwitterFacebookページ

シェア、いいね!フォローして頂けると励みになります(´艸`*)

関連記事


Sponsored Link