スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30歳で沖縄移住した話し
ウェブサイトTwitterFacebookページ←各クリックで飛びます
シェア、いいね!フォローして頂けると励みになります(´艸`*)
↓この記事をシェアする↓




Sponsored Link

オカヤドカリさんとの付き合い方とエピソード色々~沖縄のビーチキャンプの良き隣人~

20130603 (29)

まさかこんなタイトルで記事を書く日が来るとは。

キャンプ中にTwitterでつぶやいていたら、意外と反応があったので掘り下げてみようかと。

主がよくビーチキャンプをする天然のビーチには、たくさんのオカヤドカリさんが生息しています。

ビーチキャンプで絡みがある生き物の中で唯一害が無く、ほっこりさせられることの方が多いオカヤドカリさん。

20130603 (32)

初めて紫を見た時はテンション上がって写真撮りまくりましたが、紫色結構います。2割位は紫なような。

SponsoredLink


オカヤドカリさんはビーチに視線を落とせば見かける程大量にいますが、実は天然記念物。

認められた業者しか捕獲してはいけません。

ペットショップやホームセンターで見かけた人も多いのでは。

内緒で釣りの餌にも使われたりしますけどね。たまにおっさんが乱獲してます^p^

そんなオカヤドカリさん、ビーチキャンプをしている主にとってはとても身近な存在。

先日、玻名城の郷海岸で手抜きソロキャンをした時、テーブルも持っていなかったのでゴミ袋をビーチに広げてテーブル代わりにしていたのですが、主のつまみを狙ってオカヤドカリさんがワイワイやってきました。

夜中に起きて、キャンディーチーズを取ろうと袋に手を入れるといたり。

20161029 (24)

まだ食べてる最中から焼き鳥の缶詰の中に入り込みそうになっていたり。

20161029 (25)

そんなオカヤドカリさんはつまんで放り投げます。

20161029 (26)

食べた後に地面に置いておくとまた食べに来てました。

20161030 (1)

朝。

フタまでピッカピカw

普段はテーブルがあるのでだいたい食料は安心なのですが、朝起きると結構な確率でゴミ袋に入り込んでます。

自分から穴をあけて無理やり入るようなことは無いので、不快ならゴミ袋の口をしばっておけばおk。

全然攻撃的ではないですが、はさみの力は強いらしく、臆病なので皮を挟んだまま殻に閉じこもったりすることもあるらしいですから、キャンディーチーズしかり、不意に触るような状況は作らないように気を付けた方がいいでしょう。むっちゃ痛そう。

人間の食べ物によく寄ってくるので、キャンプをしていれば普段よりよく見かけると思います。

2015-04-12 23-26-25

人の気配がしなくなると、食べカスや脂(?)に集まってくるオカヤドカリさん達。テント入口付近の画像ですが、この範囲だけで10匹位は見えますね。

粟国で真っ暗な天然ビーチにテントを張った時は、飲んで夜中に帰ってきた時、暗闇にびびってそのまま寝ようと思ってたら、テーブルの周りにオカヤドカリさんがワサワサ集まってて、笑っちゃって和んで結局また飲みました。

2015-04-15 21-28-36

この時期はまだ竹の箸を使っていて、使った箸は砂に刺して置いてたんですが気付くといつもこれ。

離さないんだこれが。

KIMG0332.jpg

あとオカヤドカリさんの中でも結構いるのが、貝殻に住んでないやつ。

さっきの焼き鳥の缶詰のくだりに出てきたオカヤドカリさんもですが、大抵なにかのキャップを代わりにしてます。

つつくと引っ込む動作はするのだけれど、そんなスペースが無くてほぼ外……w

これらを見るに、こいつら天敵がいないんだろうなと勝手に思ってます。自衛行動みたいなのも貝に閉じこもるだけですからね。

20130313 (34)

あと沖縄で初めてのビーチキャンプでは、小さめのオカヤドカリさん達が貝殻の取り合いをしてました。

1時間位でしょうか、貝殻に取りついた方を後ろから羽交い絞めにするように引きはがし、取りついたと思ったら引きはがされ。

20130313 (30)

写真を撮る人間なんぞおかまいなしの白熱したバトル。

20130313 (65)

長い格闘の末、勝ったのは白!!!おめでとう!これは感動的でした!

20130313 (68)

新居の塩梅をじっくり観察して…結局いらなかったみたいでどっか行きました。

見守ってた三人「「「いらんのかーーーーーい!!!」」」

自然のことに手を出すのはなんですが、あんまりにも…だったので、少し離れた場所でふて寝していた茶色のところまで取り合ってた貝を持っていきましたが、「もういい!」と言わんばかりに見向きもしません。まるで子供。

主のオカヤドカリさんエピはこんなところでしょうか。

オカヤドカリさんの記事ばかり書いてもしょうがないので、何か面白いことがあったらここに追記しようかな。

いつもと違う感じの記事ですが、こんなのもたまにはいいですよね。
 
ではまた。
 
30歳で沖縄移住した話し
ウェブサイトTwitterFacebookページ←各クリックで飛びます
シェア、いいね!フォローして頂けると励みになります(´艸`*)
↓この記事をシェアする↓




Sponsored Link

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。