スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30歳で沖縄移住した話し
ウェブサイトTwitterFacebookページ←各クリックで飛びます
シェア、いいね!フォローして頂けると励みになります(´艸`*)
↓この記事をシェアする↓




Sponsored Link

Airbnb・民泊ホストの違法性の解説と合法的に営業する方法のページを作りました

20160117 (12)

とうとう出来ましたAirbnb・民泊ホストの違法性の解説と合法的に営業する方法のページ!

コンテンツ
・Airbnbと民泊を考える
・Airbnb、民泊ホストは違法か合法か
・Airbnbを合法的に利用する方法
・ルームシェアと「下宿」は違うのか
・契約は定期借家契約が有用
・「一時賃貸借契約」を利用すればAirbnbを合法的に利用できるか
・大家さんの許可を得ることが肝心
・転貸可能物件を探す
・収入の申告
・Airbnbを合法かつ継続的に利用する方法まとめ
・旅館業を商売として考えている方へ
・特区(沖縄含む)における民泊の規制緩和に対応する
・規制緩和と共に違法営業の「民泊」の罰則も強化され積極的な摘発増加の可能性あり
・規制緩和による摘発増加の可能性
・民泊ホストが引き起こす3つの大きな迷惑」
・├治安
・├騒音
・└ゴミ
・契約違反による資産価値の低下を起こしたら
・法律は誰かを守る為に存在する
・更新のお知らせ
・ページ内詳細リンク

はー!!!くそ長かった!

めっちゃ疲れた!何日かかったんやこれ!

このページで言いたいことはただひとつ。

なんも大丈夫じゃねーよ!!!ってことです。

SponsoredLink


最近何かと話題のAirbnbや「民泊」ですが、違法だとかグレーだとか「大丈夫。」だとか。

色々聞こえてきますよね。

しかし主が「下宿」を営んでいる理由にもなりますが、いわゆる「民泊」は犯罪です。

何も大丈夫じゃありません。

その理由や説明はAirbnb・民泊ホストの違法性の解説と合法的に営業する方法のページを読んでもらうとして、「民泊」を「大丈夫。」と言っている人、言い方を変えましょう。

「犯罪だけど捕まらないから大丈夫。」と。犯罪を犯しておいて何が大丈夫なのか知りませんが。

犯罪なので捕まる可能性は無いわけじゃないですが、現状を見るによほど悪質でなければ逮捕はされないでしょう。

当たり前ですが何の責任も持ちませんがね。

もし捕まったら、「ざまぁwww m9(^Д^)プギャーwww」とだけ言ってあげます。

その辺りのことにも言及してますんで興味があれば読んでみて下さい。

主は沖縄下宿屋うちげのウェブサイトもそろそろちゃんと整備しないとです。

6月以降、年内位はかかりそうではありますが、下宿屋の工事がある程度済んだ時点で公開出来ればいいなと思っております。
 
Airbnb・民泊ホストの違法性の解説と合法的に営業する方法」のページはこちら。

~民泊ポリス~">~民泊ポリス~
違法民泊の匿名通報はこちらから。
匿名通報すると、事実確認→物件の管理会社、大家、保健所、等への情報開示をしてくれます。
通報済み件数もモニター可能。
  
関連記事
30歳で沖縄移住した話し
ウェブサイトTwitterFacebookページ←各クリックで飛びます
シェア、いいね!フォローして頂けると励みになります(´艸`*)
↓この記事をシェアする↓




Sponsored Link

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。