スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30歳で沖縄移住した話し
ウェブサイトTwitterFacebookページ←各クリックで飛びます
シェア、いいね!フォローして頂けると励みになります(´艸`*)
↓この記事をシェアする↓




Sponsored Link

旅にノートPCはいらない!スマホやタブレットをノートPCの様に使いこなす方法!

444444.jpg

こんなこと考え出したきっかけはそもそも「ビーチの横でPCなんて使ってたら潮風で速攻壊れるんジャネ。」という考えから。

そして旅でも使えそうだなと。

車で日本一周ならPC積んでいくでしょうが、バイクでPCはかなり重いのでためらいます。

ただ予算的に3万も出すならメモリ2G・HDD500G位のPCが買えてしまうので、出来たら2万までに抑えて初めて現実的かなと思って考えていました。

その考えが最近まとまってきたので記事にしてみます。

SponsoredLink


使い方

ウェブサイトとブログの更新。

基本的にブラウザでする事ばかり。

動画や画像編集もしないしオフィスソフトも使いません。

ただしキーボードとマウスは必須。
 
 
参考ノートPC・周辺機器概要



主的にはこれで充分。

今はネトゲ用に5万台の8Gの物を使っていますがゲーム自体しなくなったのでオーバースペックになりました。

次買うならメインPCはこれくらいの物を使うでしょうな。

補足:記事と関係無いけど静音マウスは使ってますが普通のマウスには戻れませんぜ兄貴へへへ。



よく持ち歩く人なら軽さを取ってこれでも良いと思う。

記憶媒体は別途必要だけど。


参考タブレット・周辺機器概要



このセットで充電しながらキーボードとマウスが使えます。

タブレットは展示品を15000円位で買うつもりなので2万数百円で買えるはず。100均のマウスを気にせず使えるなら20000円でお釣りが来ますね。


スマホを利用する場合の注意点

周辺機器は同じでいいですが、USBホストに対応している機種かどうかが大切です。

こればかりは各メーカーサイト等でご確認下さい。

対応していない場合、繋いでも動きません。

 
なぜ有線機器を使うのか

単純に精度の問題です。

キーボードを出してまでタイピングしたい場合、普通は早く入力したいからだと思うのです。

それが勝手に連打されたりタイプスピードについて来なかったりと無線機にいい思い出が有りません。スマホでフリック入力してる方がストレス無く早いならそっち使うわという。

マウスも同じ理由です。

特にWi-Fiとの混線は誤動作が激しく頂けないので、ハナから回避したい。というのも有線を使う理由です。

 
海で使うという事

2015-07-31 (103)

玻名城の郷海岸(玻名城ビーチ)快適化計画の課題のひとつ。

とにかく潮風に晒されるので、空気を吸い込むPCだとすぐに壊れてしまうのは間違いない。

タブレットも特別潮風に強い訳ではないでしょうが、空気を吸い込むわけではないのでPC程弱くもないはず。

余程湿るなら最初からタブレットだけジップロックの様な形の防水ケースに入れておいてもいい。

周辺機器は構造上潮風でやられそうですが、壊れてもその部品だけ買い替えだけで済むのは大きい。

海で使う場合はタブレット一択だと思う。

そもそもそんなこと考えるのは主だけだとかそういう事は言っちゃダメ。


日本一周のお供に

日本一周と言えば徒歩、自転車、バイク、車まで色々とありますが、車は別として他の手段では重さはネックになる。

パッキングの面で多少大きいのは許せても重いのは許せない。という状況。

この場合もタブレット一択ですよね。

消費電力も圧倒的にタブレットの方が低く、さらにモバイルバッテリーで対応出来るので充電に悩まされる旅には持って来い。


PCの代わりになるかどうかは用途次第

普段からハイスペック過ぎやしねぇかと思っている人なら家使いでも検討していいのでは。

ネットサーフィンがメインの方ならタブレット単体でも使えるこれで人によっては使いやすい気もします。

そもそも画面のサイズがー。というならUSBホスト対応で大きなタブレットを探しても良いかも知れませんが、コスパ的にこれ以上は廉価なノートPCの方が良いと思います。
 
ちなみにキーボード付きのタブレットPCは未だに完成された形を見ていないので個人的に無しです。
 

 
関連記事
30歳で沖縄移住した話し
ウェブサイトTwitterFacebookページ←各クリックで飛びます
シェア、いいね!フォローして頂けると励みになります(´艸`*)
↓この記事をシェアする↓




Sponsored Link

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。